(91) ウィスパー ノット

lee.jpg
NO.91 2012.2.11



<ウィスパー・ノット>





ベニー・ゴルソンは多くの名曲を書いた。
中でもとりわけ「ウィスパー・ノット」が私は好きだ。
なんという見事な構成だろう。
音楽と数学には共通性があるという。
ベニー・ゴルソンはきっと頭の良い男だったろう。

楽譜を理解出来ない私は、無論数学も苦手だった。
高校最後の数Ⅲに至っては、定期テストが殆ど零点で、
生活指導もしていた数学の教師から、最後のテストが零点なら卒業させない旨宣告された。
なんとか5点取って私は高校を卒業したが、この時の事は40年たった今でも時々夢に見る。

リー・モーガンはこの時弱冠18歳。
私が数学で零点を取り続けていた年齢だ。
そんな自分と比較してモーガンを語る事にたいして意味はないが、この18歳のトランペッターは不気味なほどの早熟ぶりを見せる。
この後、けして長くはなかった活動期間をモーガンは疾走した。
まるで34歳での夭折を、予め悟っていたかのように。

三つのバルブと唇の形のみで、全ての音階を吹き別けるトランペットという楽器は難しい。
普通は音を出すことすら出来ない。
まだ少年と言ってよい年齢で、この楽器を完全に自家薬籠中の物としたモーガン。
彼は神と取引でもして、トランペットのテクニックを自らの寿命と引き換えたのか。
そのようにでも考えなければ、私はこの演奏に合理的な説明が付けられない。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie