(79) Stone Flower

jobim.jpg
NO.79 2012.1.29



<Stone Flower>





私はこの大作曲家といわれるアントニオ・カルロス・ジョビンが未だよく解らない。
陽気なヤンキーには受けたかもしれないが、日本で本当にヒットした事などあったのか?
レノン&マッカートニーにも匹敵する20世紀を代表するコンポーザーだというが、ポール・モーリアやフランシス・レイとどこが違うというのだ。
ところで最近になってポール・マッカートニーが「なぜマッカートニー&レノンじゃないんだ」と不満を漏らしていると聞く。
天才ポールも過去の栄光に拘りだしたか。
そういえば昔「How Do You Sleep」でジョンにコテンパンに言われてたっけ。

息子が二週間のロス滞在を終え、明日には帰国する。
親にねだってロス旅行。
行く方も行かせる方も、あまり褒められたものではあるまい。
せめてこの二週間が、将来彼にとって価値のあるものとなってくれれば良いが。
そして娘がこの家を出る。
変わっていく。確実に変わっていくが、どう変わるのか今のところ分からない。
ただ、子供たちの人生はまだまだこれからである。
むしろこれから始まると言っていいくらいだ。
二人の人生はこれから自分の力で活路を開いていかねばならぬ。
とりあえず父親としては出来るだけの事をした。

何か作業中の娘から声が掛かった。
「このCDおしゃれだね。どういうジャンル?」
どういうジャンルと言えばいい?
ボサノバでありジャズボーカルであると伝えた。
娘とは音楽でずい分もめた。
受験勉強の妨げになる、と言うのであった。
私は音楽鑑賞の大半を、新たに入手したヘッドホンに委ねる事となった。
それもすべて過去の思い出となる。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie