スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(69) Off To The Races

byrd.jpg
NO.69 2012.1.19



<Off To The Races>





ドナルド・バード、ジャッキー・マクリーン、ペッパー・アダムス、ウィントン・ケリー、サム・ジョーンズ、アート・テイラー。
ハード・バップ、そしてブルーノートの一大興行だ。
本作は1958年の録音だが、どうしてこんなにというくらい、この年には名盤が大量生産された。
ブルース・ウォーク(ルー・ドナルドソン)、クール・ストラッティン、ソウル・トレーン、サムシン・エルス、マイル・ストーン、モーニン、シーン・チェンジズ(バド・パウエル、クレオパトラの夢)・・・まるで際限がない。
今では考えられないような、何か大きな波が来ていたのだろう。

この盤は東芝の国内盤だが、キング盤とはかなり違うと聞いた。
東芝がジャズっぽく、キングはオーディオ的であるのだとか。
それにブルーノートオリジナル盤を加えて聴き比べしてみたいものだ。
ここでも特に、ジャッキー・マクリーンはジャッキー・マクリーン以外の何者でもないが、各盤によってどのように違って聴こえるだろう。
何れにしても間違いなく、ジャッキー・マクリーンに聴こえるに違いない。
これは凄い事だ。今音を聴いただけで演奏者を特定できる者が何人いるか。
大西順子くらいしか思いつかない。

同業者でテニス関連のKが結婚するらしい。
テニスコーチの青年に来週の結婚式に出るか、と聞かれて分かった。
そうか、ヤツは来週結婚するのか。
20才年上の私は場違いと見え呼ばれていないが、流れから言って少し不自然であり困ったなと思っていたら、Kから電話があった。
ジャズのCDを披露宴に使いたいので貸してほしいという。
上手い解決策であろう。
ついでに祝いの品を届け、一件落着とする。

後日漏れ伝わったところではK、同業者はおろか会社の同僚すら一人も呼ばなかったのだとか。
職場結婚にも関わらず、である。
それで上司が大分ご立腹らしいが、Kは一向に意に介さず、それがどうしたという風情らしい。
大物である。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。