(59) ブルートレーン 名盤の作り方③

トレイン
NO.59 2012.1.9



<ブルートレーン 名盤の作り方③>





ジョン・コルトレーン唯一のブルーノートにおけるリーダー作である。
この時コルトレーンはプレステッジの専属ミュージシャンだった。
そればかりではない。
ケニー・ドリューもリバーサイドの専属であった。
このため、本作にはプレステッジとリバーサイドの名前がクレジットされている。
ライバルだったジャズ三大レーベルの協力態勢で作られたのが本作である。
私はコルトレーン作品の中で本作が一番好きだ。
中でもタイトル曲が好きで、NO.44でうっかり書き忘れたが、ハードバップを代表する名曲の一つだと思っている。

サックスという楽器は、リードという乾燥した葦を薄くスライスした物を振動させ、管で増幅して音を出している。
プレーヤーは演奏前にリードを舐めて湿らせてから、サックスのマウスピースに装着する。
ジャケット写真はその瞬間を撮ったものと、私は長い間思い込んでいた。
しかし、最近になってコルトレーンはキャンディーを舐めているのだと聞いた。
良く見ればリードは既に取り付けられているし、指の間にキャンディーのスティックのような物も写っている。
コルトレーンが子供のようにキャンディーを舐めている。
ほほえましい、しかしちょっと不釣り合いなシーンである。

コルトレーンはアルフレッド・ライオンに借金があり、それで本作を録音したとの話もあるが、もし続けてブルーノートに作品を残していれば、きっと多くの名作が生まれていたのではないか。そんな気がする。
せめてプレステッジの後、アトランティックやインパルスへ行く前に、ブルーノートで録音する事はできなかっただろうか。
それが少し残念だ。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie