(50) オープンセサミ 開け裏蓋

freddie.jpg
NO.50 2011.12.31



<オープン セサミ 開け裏蓋>





フレディ・ハバードは2年ほど前、70才で亡くなった。
もう過去の人になっていたが、そして少しコマーシャルな所を批判されていたようだけれど、また一つ巨星が落ちたとその時思った。
これが彼の初リーダー作だった。
極東の田舎町で、こうやって故人の遺作を聴いている。
世界はそれなりに広いが私の世界はまことに狭く、たとえそうではあっても、やはりそれなりにいくつかの問題を抱えている。
しかしそんな事にはまったくお構いなく、フレディ死後の世界は来年も先へ進んでいくだろう。
人は誰も自分の世界で、自分なりに歩いて行くしかない。

すでにだいぶ前の話となるが、ステレオ・サウンドの菅野沖彦氏が「音のヌケ」について語っておられた。
後面解放型スピーカーは音のヌケが良い、との話に膝を打った。
我4344の裏面三分の一はメンテ用に蓋となっていて、ネジで留めてある。
それを外してみたのだ。
当然逆位相の低音が出てくるだろう。
だが、それがどうした。
長年の不満が一挙に解消されたのだ。
モヤモヤがなくなり、4344mk2は正しく解放された。
これなら、未知数の新スピーカーなんか要らないのではないか?











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie