スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(298) お風呂

his.jpg
No.298 2015.6.4




<お風呂>





マーティ・ペイチの「お風呂」だ。
最初に入手したのはCDで「踊り子」とのカップリング盤だった。
後日運よくオリジナル盤と出会ったが、残念ながらジャケットの状態があまり良くない。
緑色のマジックで「J 220」などと書き込まれている。
元の所有者が整理番号を付けたのだろう。
これは絶対日本人コレクターではない。
絶対違うと断言する。

だが幸いにも盤のコンディションは悪くなかった。
少しハイ上がりな歯切れの良いアンサンブルが気持ちいい。
これはコンテ・カンドリらによるトランペット隊を常にメロディラインの中心に持ってくる、ペイチのアレンジ手法によるところが大きい。
従ってペッパーらサックス隊がアンサンブルでさほど目立たないのが少し残念ではあるけれど、その代わりソロパートでは十分な存在感を示した。
さらにバリトンやバイブを薬味として効果的に配し、リスナーを飽きさせる事なく40分弱を一気にドライブする。
乾いた爽やかな風に吹かれて、真夏の海岸線を行くようだ。
見たこともない1959年のL.A.が目の前に再現される。

本作の国内盤LPは多分存在しないと思う。
今やアナログ盤を入手するのは相当難しいが、CDなら現在1000円で容易に手に入る。
彼女の肩にかかる黄色いタオルには「his」と書いてあるらしい。
これは3へ~くらいか。

同じシリーズに「THE ROCK JAZZ INCIDENT」がある。
「踊り子」「お風呂」に続くペイチ第三の美ジャケと解説されるがそれはない。
内容もイージーリスニングの域を出ず、これが1000円ではちょっと高い。
買うなら絶対本作と踊り子だ。








incident.jpg











スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。