スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(288) BLUE SERGE

blueserge3.jpg
No.288 2015.5.2




<BLUE SERGE>




バリトンサックス奏者サージ・チャロフのワンホーンによる名盤「ブルー・サージ」を聴く。
バリトンサックスと言えば、私には真っ先に思いつく人がいる。
ジェリー・マリガンだ。
この件で異論は多くあるまい。
確かにマリガンはこの楽器の第一人者だった。
同時代のサージ・チャロフがマリガンの独走を許したその訳は簡単である。
彼が33歳の若さでで夭折したせいであった。

バリトンは人が少ない。
だからライバルも少ないのである。
それは何故か。
バリトンは大変なのだ。
大きく重く、おまけに相当難しいらしくその割に報われない。
敢えて選択する理由が見つからないくらいだ。
だがバリトン特有の音色の魅力は実際テナーと比べて勝るとも劣らないし、ましてアルトなどには絶対に真似の出来ない迫力がある。
しかし軽快なアルトが西部の伊達男、夕日のガンマンだとするなら、重厚なバリトンはドイツ機甲師団の重機関銃だというくらいの差があるのも事実だ。
ハンドガンとガトリングガンの差だ。
バイオハザードでどちらかを選択可能なら、私はぜひ後者にしたい。
とはいえ「エクスペンダブルス3」でドルフ・ラングレンが「10秒しかもたない」とおちょくられていたガトリングガンは、並みの男の手に負える代物ではけしてない。
サージ・チャロフはその鈍重とも言えるバリトンを自在に操り朗々と歌った。
性格のいい、ナイスガイだったと言われている。
「留学先のバークリーで最初にデートに誘われたのがサージ・チャロフだった、いい男(ひと)だったわ」と、ピアニストの秋吉敏子さんが証言している。

マリガンにはどちらかといえばクールでメカニカルな印象があるが、サージ・チャロフはもっと情緒溢れる演奏を得意とした。
ビブラートを効かせたスウィング系で、そのスタイルからジョニー・ホッジス(as)のバリトン版といった趣きがあった。
なるほど、キャピタルがワンホーンで録りたかった筈である。
本作は加えてソニー・クラーク(p)の参加がデカい。
更にはフィリー・ジョー(ds)にリロイ・ビネガー(b)とくる。
成功を約束されていたようなものだった。











スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。