スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 ㊱

th5opz6002.jpg




<番外編 ㊱>





2006年に買ったパナソニックのプラズマテレビである。
購入店舗はヨドバシカメラだった。
5万円程度のポイントが付きますとの事でカードを渡されていた。
ところが次にその店へ行った時、ポイントとやらは既にきれいさっぱり消滅していた。
1年以上経過していたからだった。
その事について事前に告知されていた覚えはない。
家電製品はその場でズバッと現金値引きに限る。

さて今回「chromecast」を接続するにあたり、問題が生じていた。
うちのテレビにはHDMI端子が三口あり、一番にはプレーステーションを繋いでいたため二番に「chromecast」を挿したのだが映らない。
プレーステーションと挿し替えてみる。
一番なら問題ない。
しかし三番もダメだ。
実は二番三番は購入以来一度も使用していない。
とはいえ単純な端子と配線の筈だから10年やそこらで腐る訳がない。
オーディオマニアとしてはこんなバカな話はなかった。

そうは言っても映らないものは映らないので、パナソニックのカスタマーセンターに問い合わせた。
この手の相談窓口はどこもそうなのだけれど、非常に質が低い。
色々聞くと「それではこちらにおかけください」とたらい回しにされる。
どいつもこいつもバイトのにーちゃん、ねーちゃん風であり、訳のわかった技術者という感じが一切しない。
コストの問題だから仕方ないとは思うが、これらのオペレーションセンターはまず間違いなく外注だろう。
オーディオ関係の、例えばハーマンとかアキュフェーズに電話した場合、絶対こんな事にはならない。

埒が明かないので、それでは技術者を派遣してください、という事になった。
「出張修理のご依頼ですね。それではこの番号におかけ直しください・・・○○がお受けいたしました・・・」
私が話していた相手は人間だったのかと本気で考え込んだ。

後日「技術者」がやって来た。
症状を確認し彼は言った。
「ちょっと電話してきます」
車に戻りどこかと連絡をとったらしい「技術者」が言うには、マイコンの基盤が悪いので交換になりますとの事である。
ちょうどそのパーツを持参しているので、今すぐ修理可能だが部品代だけで四万弱かかるそうだ。
私は言った。
「症状から想像するに、そのような大袈裟なパーツ交換ではなくて、何か簡単な設定のような気がするんですけどね・・・パーツですか、それでホントに直りますか?」
素人が何を言う、的な一瞥と共に、HDMI端子にそのような設定は何もない、パーツ交換で解決できる筈であると彼は言う。
それ以上私が口を出しても仕方ない。
9年落ちのプラズマテレビを4万出して修理するのが果たしてどうなのかとは思ったが、結局パーツ交換してもらう事にした。
さていよいよ修理なのだが、壁際に設置した状態ではどうにもならない。
台からおろして裏蓋を外す必要があった。
技術者は一人である。
仕方がないので手をかした。
二人で台からおろす。
なんとクソ重たいことか。
長年のオーディオマニアの勘ではこやつ、50キロはあった。

裏蓋が外され、どうにも心もとない手つきでパーツ交換が行われるのを私は見守っていた。
それでどうだったかって?
見事に何も変わらなかったんだよ。
しばし長考に入る「技術者」氏。
「テレビをリセットしていいですか?」
なに?リセット?なんだそれ、聞いてないぞ。

リモコンで何やら操作がなされ、要するにテレビは出荷状態に初期化されたようだ。
バカバカしい話だが、これで直った。
もちろんこれなら私にも出来たのである。
レビンソンのCDプレーヤーを初期化する方法はユーザーに開示されており、実際私もやった事があるけれど、その手順はずっと複雑だ。
交換した4万のパーツが元に戻され、ふたたびクソ重たい本体を二人で台に戻した。
そして5千なにがしの出張料と技術料を悪びれる様子なく受け取り、パナソニックの「技術者(恐らく外注)」氏は帰っていった。

この話をもしも松下幸之助さんが聞いたら怒らないかい?
それとも案外、直ったんやろ?それでええやないか、と言うだろうか。











スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 災難でしたね

MKさん、おはようございます。

家電量販店というビジネスモデルは大丈夫なんですかね。
いくつもあるのに、どこも何時行ってもたいていガラガラです。
価格の勝負ならネット通販に負けてます。
あんなに大きな箱と従業員を維持するのは恐らく大変でしょう。
MKさんがおっしゃるような町の電気屋さんが復活するかもしれないですね。
量販店より需要があるように思えます。






災難でしたね

拙宅の家電製品の内、値が張るものは、父の代から付き合いのある甲府市の電気屋さんで購入しております。
修理する場合、そこの番頭さん(専務サン)が責任を持って直します。
もちろん量販店に比べ売価は高いと思いますが、それは安心料と云うかアフターサービス代だと理解しています。
昨今はそれ程でもありませんが、以前家電製品には量販店向けと町の電気屋向けが有ったそうです。
個人の電気屋さんが廃業する昨今ですが、その電気屋さんの場合、拙宅のような客層が多いとかで、結構繁盛しているようです。
プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。