(257) Flight To Jordan

flight to jordan
No.257 2015.1.15



<Flight To Jordan>




1月15日といえば、昔はこの日が成人の日に決まっていて、各自治体が成人式を執り行っていた。
生を受けた故郷の町と、その後住民票を移した京都市から二度お誘いがあったが、私は両方とも行かなかった。
昔からへそ曲がりだったせいだが、行かなくて良かった。
この国の儀式、就中冠婚葬祭にはどうも気に入らないものが多過ぎる。
結婚式なんか最大級のばかばかしさだ。
結婚したければするが良いので、あまり関係ない者に迷惑をかけるものではない。
聞かれたら実は結婚したんですよ、と報告すればそれで沢山ではないか。

昔知人男性の披露宴に参席した折り、最後に本人が挨拶したまでは良いが、「僕たち幸せになります」と言ってハラハラと泣くのである。
あのカップルはその後どうしただろう。
なんとなく想像がつく。
新婦が醒めた目で男を見ていたからだ。

だいたい我々の世代は性というものを恥かしく、後ろ暗いものであるかのように刷り込まれて育ったものだ。
だからこっそりやっていたのでしょう。
それを今夜からバンバンやりますよと、皆を集めて発表するのである。
これほどこっ恥ずかしいセレモニーがまたとあるだろうか。

更に○○家と××家の結婚式というのが笑わせる。
どいつもこいつも得体の知れない馬の骨ではないか。
特に当地など、せいぜい100年ほど前、「内地」で食い詰め落ち延びて来た連中の三世、四世である。
家も家柄もへったくれもあったものではないのだ。
よしんばあるのだとしても、今時家と家がどうのこうのという時代ではとっくになくなっておる。
相手方の親戚と顔合わせをしたところで、そのほとんどともう二度と会うこともない。
あるとしたら葬式くらいのものである。

それでもどうしてもやると言うのなら、離婚する時にも皆を集め、あの時はせっかく来てもらいお祝いまで頂きましたが斯く斯くの事情にて別れる事になりました、すみませんと、けじめを付けねばならないところだ。
葬式についても言いたいがもうやめた。


ブルーノート4046番は、デューク・ジョーダンがブルーノートに残した唯一のリーダー盤だ。
ジョードゥーやスコッチブルースと並ぶデューク・ジョーダンの名曲、「フライト・トゥ・ジョーダン」がタイトル曲である。
彼のピアノは同時代の黒人ピアニスト達と少し違う。
メロディが静寂でどこかもの悲しく、そして何より精緻だ。
アメリカで食うに困り渡欧し、デンマークのスティプルチェイスに吹き込んだ演奏を聴くと、水を得た魚と言おうか北欧が似合っていた。

アメリカではろくな目に合わなかった。
No.33 フライト トゥ デンマークでも有名な「危険な関係のブルース(No Problem)」は、映画のためにデューク・ジョーダンが書いた曲だった。
しかし、何故か映画には別人の名前でクレジットされ、印税なんかまったく入ってこなかったのだという。
本作B面ラストの「Si-Joya」とは、実は「危険な関係のブルース」である。

「フライト・トゥ・ジョーダン」は本作以前にも、1955年のシグナル原盤B面に残されている。
こちらも本作と同じ二管フロントによるクインテットなのだが、バリトンサックスとトロンボーンの組み合わせ故か、本作と比べるとやや弛緩して聞こえる。
本作のスタンリー・タレンタイン(ts)とデイジー・リース(tp)の方がずっといい。
デイジー・リースは前年イギリスから来たばかりだった。
スタンリー・タレンタインもそうだと思うが、デューク・ジョーダンがセットしたものではないだろう。
アルフレッド・ライオンの慧眼だと思う。
なんていい曲、そしていい演奏だ。





jordan3.jpg











スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 聴きたくなりました。

ヒデ2362さん、おはようございます。
ブログがなかなか更新されず、心配していました。
お身体大切になさって下さい。

今朝当地は大雪です。
少し風邪気味ですが、頑張って除雪しています。

さて、「Flight To Jordan と dippinn'」ですが、
多分LPをお探しですね。
私の体験からお話しできるのは(恐らくはヒデ2362さんも同意見かと)、
日本のジャズファンは比較的レコードを大事にするのであまりひどいのは少ないです。
ただヤフオクではそのあたりを確認できませんから、
私はあまり高額なレコードをヤフオクでは買いません。
特にオリジナル盤などであれば、やはり信頼できる専門店で買いたいです。
国内盤の東芝とキングなら、キング盤の方が好きです。
後期(というか末期)東芝はオルトフォンSPUでトレースできない(ビビる)盤が多いので。
末期東芝盤なら、安い輸入盤CDの方がましかもしれません。






聴きたくなりました。

こんばんは。
体調はもどりつつあり、バロンドさんの記事みて購入を考えています。
Flight To Jordan と dippinn' です。

いま、ヤフオクで探しています。1000円ものから4000円と色々あります。

購入にアドバイスありましたら、よろしくお願いします。
プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie