スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(221) QUINTESSENCE

evans5.jpg
No.221 2014.10.29



<QUINTESSENCE>




「真髄」といった意味であるらしい。
ジャズの真髄。
この盤がどれ程の知名度や人気を持っているものか、私は知らない。
知らないが恐らく、エバンス作品の中で上位に来ることはないだろう。
1977年ファンタジーレコードに残された本作、B面最後のケニー・バレル作「BASS FACE」を聴いて欲しい。
話はそれからだ。

1957年あたりをピークにジャズは、次第に勢いを失って行き遂に「死んだ」とすら言われる。
本当にそうか。
私は正直そのように思っていない。
確かに変形もしただろう。
そりゃーあなた、半世紀以上も経って何一つ変わらないなら、そいつは伝統芸能の仲間になったという事だ。
ジャズは今も変形し続けている。
あえてそれを発展とは言わないでおく。

エバンスの、例えば「あなたと夜と音楽と」に続けて、本作を聴いてみる。
つまりトリオ作品ではないものとの比較を試みる。
どうですか、真髄に変化がありますか?
仮に多少の技術的変化があるとしても、それは進化であって少なくとも「死」へ向かう老化ではない。

来月私の住む町に、活きのいいトランペッター島裕介がやって来る。
頭が柔らかい。
だから彼はジャズを特別視しない。
音楽があった、だからジャズもある。
そこが素晴らしいのだ。
彼の周囲に多くの若手ジャズメンが見える。
ニュータイプのジャズメン達。
彼らがこのジャズという音楽に惹かれているのが私にも分かる。
なんのなんの、ジャズは死んでなどいない。


話が変わり過ぎるけれど、今日はだいぶ疲れている。
春秋年二回の、恒例親子温泉ツアーから帰ったところだ。
今回はN別温泉某露N何とかいう宿へ行ってきた。


2014102818340002.jpg


疲れているから結論を急ぐが、良くなかった。
母を不快にさせては意味がないからと、言葉を飲み込む場面ばかりだった。
あれで一人4万請求出来るなら、商売も楽なものだろう。
いや、そうではないな、楽ではない結果があれなのか。
どれくらい良くないか、一度行ってみて下さい。
一々語る気に私はならないので。

年二回を続けた結果、もうネタが尽きてきた感じだ。
どこかに素敵な宿がないものか。

秘密の情報をお知らせください。
けして公言いたしません。
私のささやかな親孝行にご協力頂けると、大変有難いです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ネタですか

riversideblueさん、ありがとうございます。

実は「A里川温泉の藏群」を一番最初に利用しました。
ここが今までで一番良かったです。
宿泊料金にすべてが含まれます。
夕食のワインをボトルでとっても無料。
BARも全て無料。
ただ、それだけにあまりいいワインはありません。
それだけが少し不満でした。
せっかくなので、ワインだけは有料でいいから、リストを充実させれば完璧だと思いました。
でも、十分行く価値があります。
一度何かの記念日にでも行ってみてください。

息子さん達は親孝行だと思いますよ。
実は母を温泉に連れて行く行事には、弟も参加しています。
毎回親子三人連れです(父は故人)。

男は皆マザコンですから(^_^;)



ネタですか

バロンさん、こんばんは(*^^*)
A里川温泉の藏群なんかは…もうつかっちゃってますよね(^^;
そんな高級旅館行ったことはないけど噂だけ…
わたしも、せめてどちらかはそんな親孝行な息子だといいなぁ~♪

Re: クインテセンス

MKさん、おはようございます。

クインテセンスお持ちでしたか。
私の周囲で初めてです。
存在を知る人もいませんでした。
いい盤はまだまだある、という事ですね。

ジャズの旧譜CDも千円以下で手に入ります。
新譜は依然として高いです。

クインテセンス

ビル・エバンスのクインテセンスのレコード、私も所有しております。
ワルツ・フォー・デイビー同様、好きなレコードなんですよ。
ジャズのレコードコレクションは僅かしかありません。
最近クラッシックの輸入盤が滅茶安で手に入るのですが、この頃のCDはどうなんでしょう。
プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。