(214) ONE FOR ALL

wide horizons
No.214 2014.10.14



<ONE FOR ALL>




昨日は台風の影響で、残念な体育の日となったようだ。
私のところはまだ大きな影響が出ていなかったので、車の幌を開け本年度のラストランを軽くやった。
その後バッテリーのコードを外し、車は半年の冬眠に入る。
今年も数百キロしか走らなかった。
この車をどうしたものか、少し考えている。
走行距離がこの程度だから、ガソリン代など知れたものだ。
だが、車税と車検等で年当たり20万程度の負担となっている。
CDならこれで100枚くらい買える。
しかし中古車屋に売ったところで、車自体は最早二束三文であろう。
倅に譲ろうか。
だが奴は未だ半人前で、何しろ運転免許すら持たない。
免許を取っても維持できるか、という問題もある。
免許取りたての初心者が、いきなり左ハンドル・マニュアルミッションも酷といえば酷だ。
私は物を大切に扱う人間で、加えてずっとガレージ保管しているので、車のコンディションはすこぶる良い。
息子に渡せばおそらくは野晒しとなり、あっという間にガチャガチャになるのだろうな。
まあそれは仕方ない。
何れにせよ、まだ当分手元に置くことになるか。

朝となり、台風が接近してきたのか天候が悪くなってきた。
そんな中、大音量でONE FOR ALLを聴いて過ごす。
本作は2002年のクリスクロス盤である。
2003年に亡くなられた安原顕さんが生前、クリスクロスの帯解説を書いていると語っておられた。
「これまでフロントのエリック・アレキサンダー(ts)とジム・ロトンディ(tp)にスポットが当てられていたが、デビッド・ヘーゼルタイン(p)やスティーブ・デイビス(tb)のソロパートも増え、ピーター・ワシントン(b)の比重が高まった・・・」
これはギリギリ間に合った、安原顕さんの仕事かもしれない。
解説と言ってもメンバー紹介程度のものだが。

もう一人のメンバー、ジョー・ファンズワース(ds)を入れて六人。
三管編成の要はジャズメッセンジャーズスタイルだ。
後から見ると当たり前に見えるけれども、フロント三管、それをトランペット・テナー(あるいはアルト)サックス・トロンボーンとしたバンド編成は立派な発明である。
もしクラリネット・フルート・チューバだったら全然別の世界なのだから。

言いたくないが両者(ジャズメッセンジャーズとの)最大の差は人種だ。
ONE FOR ALL、ベースのピーター・ワシントン以外皆白人である。
当然ながらこれは、モロ音に顕れる。
むしろ後発のハイファイブが好敵手と考えられる。
向こうは二管でファブリツィオ・ボッソ、本作は三管だがエリック・アレキサンダーという、10秒ソロを聴けば特定できるスタープレーヤーがそれぞれいるので聞き違える恐れはない。
どちらかと言えばハイファイブの方が陽性であり、若い分勢いがある。
日本ではビーナス諸作の印象から、少しコマーシャルな捉えられ方をされるONE FOR ALLだが、実際はだいぶ違う。
そしてジャズメッセンジャーズの熱気うんぬんを求めても仕方がない。
アート・ブレーキーもクリフォード・ブラウンもこの世の人ではない。
ホレス・シルバーまで今年鬼籍に入った。
そんな彼らの代用品として聴く必要もない。
少しメカニカルであり理性的には過ぎるがONE FOR ALL、新しい分録音も良いし現代的なハードバップとして聴けば、これはこれで私は存分に楽しめる。

















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

日本の南と北の端で島裕介のトランペットを聴くと、
なにか違って聴こえるものでしょうか。
それを確認するのは少し難しいですが、
感想を交換するのは可能ですね。

No title

詳しい情報ありがとうございます。(^^)
島裕介さん、早速ググってみます。

Re: こんばんは(^^)

文伽さん、おはようございます。

既に当地では朝晩暖房が必要です。
間もなく半年ものあいだ雪の下敷きになって暮らすかと思うと、
早くもウンザリ。

ジャズは数が多いので、そしていくらか難解なところもあるので、
飽きないと思います。きっと一生楽しめます。
ただ、玉石混交な部分があるので、勉強というより選別眼を早期に持てば、
自分にとってのハズレを回避できると思います。

ところで、今年7月4日に横浜のジャズ喫茶「ちぐさ」で偶然見た
島裕介という若いトランペッターが来ます。
わたくし、強力プッシュします。
実は今回、何故か北海道と九州を周るらしい。

そちらへも行くようです。
もしもお時間があれば、行ってみて下さい。
11月25日(火)Tsutaya Music Cafe Morricone
20時開演。
前売り2500円プラスドリンク代
チケット電話予約 096-342-4676 096-354-1155
だそうです。


当ブログの該当記事URLを貼っておきます。

http://bmw655.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

こんばんは(^^)

今日、北海道のある地域で雪が降ったそうですね。
結構積もっているとか。
バロンさんのお車、これから半年も冬眠だなんて、
確かに少し勿体ないですね(笑)。

ところで私の新しいブログをリンクして頂き、ありがとうございます。(*^^*)
私もバロンさんのブログを拙ブログにリンクさせて頂くべく
お願いしようと思っていたところだったで、まさに渡りに船でした(笑)。
ジャズに関してはまだまだビギナーに等しいので、
これからもバロンさんのブログで勉強させて頂きます。(*^^)v
プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie