スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(197) 戦いの朝 シェリー・マンとコーヒー

manne2.jpg
NO.197 2014.9.23



<戦いの朝 シェリー・マンとコーヒー>




シェリー・マンは60年も前に西海岸で活躍した白人ドラマーだ。
独特のスタイルを有し、他とは明らかに異なる。
本作は私にとって、何故か心安らぐ一枚だ。
万人にお薦め出来る作品かどうかわからないが、
私はこれを聴き気持ちが落着く。
テニスは対戦相手以上に、自分との闘いだ。
普段と同じように、練習通りに出来る人はいないと言っていい。
練習はした。
夏の間死ぬほどやった。
あとはどこまで本来の自分に近付けるか、それだけが全てだ。
舞い上がってしまえば、なす術もなく自壊するだろう。
本当の敵は意外にも自分の内にある。

昨夜は試合に備え早々と寝たが、なんと10時に起きてしまった。
え~、うそ!どうすんだよ!て感じだった。
それから眠剤を服用してなんとかまた無理やり寝た。

今朝は予定通り5時に起きた。
薬のせいか少しフラつく。
今、コーヒーを入れ本作を聴いている。
こんな時間にジャズ。
少しシュールだ。
でも悪くない。
次第に明るくなってきた。
普通の人は当然まだ寝ているだろう。

今日の大会、勝ち続ければ一日仕事になる。
長い一日になる。
いや、是非そうしたい。
だから今はリラックスする時だ。
コーヒーを飲む。
やや小音量で流れる「Autumn In New York」。
いい感じ。
妙な力みがない。
それにジャケットがいいでしょう。
コンテンポラリーにはこのような「イラスト動物シリーズ」があり、どれもいい。
アンドレ・プレビンの「ライオン」や、ハンプトン・ホーズの「ワニ」である。
いずれまた機会があれば紹介したい。

では、これから色々用意もあるので、本日はこれにて。
皆さん、良い休日でありますように。
お仕事の方は気をつけていってらっしゃい。

なんか今朝はやけに清々しく、広い心の私だ。
いい試合になるかもしれない。

では!









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。