スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(192) 報道と真実とジャケ買いと

smoother.jpg
NO.192 2014.9.18



<報道と真実とジャケ買いと>



日増しに涼しくなっていく。
朝晩は最早、肌寒いと言う方が当たっているくらいだ。
体調管理が難しくなってきた。
先日「風邪をひいた」というテニスのおばちゃんがいたので、(とても丈夫そうだし)まだ風邪はないでしょう、デング熱かなんかじゃないですか、と冗談を言ったつもりでいたら、彼女ひとつも笑わなかった。
ジョークもセクハラも、行為者の違い(小栗旬か私かなど)により相手の受け止め方が大きく異なるものだ。

さて本日は、文藝春秋10月号掲載記事の続きである。
これは7月に報告した某国工作船事案(本ブログ番外編㉔)と密接に関連する。
本件は2001年12月22日に東シナ海の我国領海内で発生した、不審船と海保巡視船との戦闘である。
銃撃戦を経て不審船からはロケットランチャー発射まで行われたが、幸いにも現場海域は荒れており波が高かったため、巡視船に命中するには到らず、刀折れ矢尽きた不審船はその後自爆・自沈した、とされるものだ。
この事件で一つ疑問に思ったのが発生した海域であった。
日本海なら合点がいくのだ。
事実、日本海での不審船事案が過去にあった。
この海は北朝鮮からの最短ルートなのだ。
それが何故東シナ海なのか。
この記事が事実ならば、私の疑問はあっさり解決する。

記事によれば、上海に程近い舟山群島(無論中国領)に北朝鮮工作船部隊の基地がある(あるいはあった)というのだ。
不審船は日本で何らかの作戦行動(覚醒剤輸送作戦だったと言われている)を済ませたのち、一直線にここを目指す途中、監視していた巡視船に停船を促されたという事だ。
彼らはこの基地を根拠地とし、我が国へ侵入し拉致事件も繰り返してきた。
多くの(しかし全体からすれば一部の)日本人拉致被害者が、ここから中国本土を経て陸路北朝鮮へ送られた、と記事は書いている。
つまり拉致事件には中国が関与していると言っているのだ。

本件が事実なのかどうか、今のところ私には判らない。
情報のソースも不明だ。
朝日新聞の例を引くまでもなく、マスコミ報道を鵜呑みにする人は今時そうはいないだろう。
私も同じだ。まず疑うべし。
だが、事が事である。
とてもこのままにしておける話ではない。
関係者は本件の事実関係を必ず明らかにして頂きたい。

思いつきに過ぎないが、もしかして拉致被害者を全て返せない理由の一部はこれか?
中国経由で北朝鮮へ送られた拉致被害者が帰国後そのように証言したら、中国は相当まずい事になるだろうから。



「SWEET NOIZ MAGIC」はギタリスト高中正義のベスト盤だ。
中古レコードを1000円程度にて入手したもので、収録された名曲「SMOOTHER」が、ある報道番組のテーマ曲に採用されている。
報道番組も色々だが、何故か総じて番組テーマ曲だけは素晴らしいのを持ってくる。
「SMOOTHER」は格別に良い。
このメロディ、一度聴いたら忘れられない。
ギターっていいな・・・と今の季節なら特別心に響く。しみじみと染み入る。
この曲、本作以外のアルバムにはどこにも入っていないようだ。
シングル盤でのみ出たものを、このベスト盤に入れたものと思われる。
ベスト盤とはいえ、他の曲では別バージョンなど工夫もされているようだが、その点についての関心はあまりない。
つまりこれ一曲しか聴かないが、いい買い物をしたと思っている。

けっしてジャケ買いではないことを、念の為申し上げておきたい。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。