番外編 ㉗ 暗黒時代も悪くない

荒井由実




<番外編 ㉗ 暗黒時代も悪くない>




予めお断りしたい。
私はこの音楽家を特に好んでいるわけではない。
逆に「ユーミンてなんだよ」との思いは強く、
なぜに荒井由実名義で押し通せなかったかと残念に思う。
ただし、歌唱以外のあらゆる意味で天才だとは思う。
あまり関心がないだけだ。
大いに関心があるのは妻で、
このCDを知人から頂いて以来、
酒の席でこれをかけると大変機嫌が良い。
ありがたい事だ。

荒井由実が登場したのは70年代初頭だったと思う。
彼らの音楽は「ニューミュージック」と当時呼ばれていた。
吉田拓郎、井上陽水、赤い鳥、かぐや姫、ガロ、等々様々いた。
この一大ムーブメントが何に対するアンチテーゼであったかと言えば、既存の歌謡曲、特にGS(グループサウンズ)に対するものだった。
ブルー・コメッツ、スパイダース、タイガース、テンプターズ、ワイルドワンズ、等々これも様々いた。

60年代の終わりに一世風靡したGSを今聴くと愕然とせざるを得ない。
これがビートルズと同時期に存在した同種の音楽か?
日本は一体何をしていたんだ。
そんなこんなでニューミュージックの登場とはなった。
確かに音楽的には相当情けない、GSは。
はっきり言って、日本音楽史上における暗黒時代なのである。
ではあるが、この勢いは一体何だ。
これが時代というものか。
ウムを言わさぬ正面突破だ。
10年に一度なら聴いてもいいかも。
そんな風に思えて来るから不思議だ。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie