(176) 不変か補強か Why Change

mjq3.jpg
NO.176 2014.8.22



<不変か補強か Why Change>




広島で酷い土砂災害が起きた。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

日本ではこのような災害が、いつどこで起きてもおかしくない状況に今なっている。
同じような環境下に展開する住宅地はそれこそ無数にある。
急に地形が変わったわけでは無論ない。
この国はそもそも平野部が少なく、総体的に山岳部の多い地形だ。
高い山脈のてっぺんが海面から突き出たと考えた方が近い。
そこに貼り付くようにして人々が暮らしてきた。
人が暮らす集落は、平野部といえど実は山体の中腹であり、その山麓は海面はるか下、日本海溝の底である。

そう、変わったのは地形ではなく雨の降り方のほうだ。
先日の京都でも、見たことがないような激しい降雨を体験した。
同じような事が、いやもっと激しい事が今度は広島で起き、きっと遠くないいつか他所でも起きるだろう。
政府、自治体は危険箇所を把握している。
しかしそれは現状不十分で、今後更に危険とされる箇所は増え続けるだろう。
それら無数にある危険箇所を把握しきったとして、それを一体どうすれば良いのだ。
土砂災害を防ぐなら砂防ダムか。
だが、それは多すぎて無理だ。
異常な降雨はいつ起きるかわからないが、だからと言って起きなければ砂防ダムなどまったく必要ないのだ。
そうしたものを公共事業でもって、まるで万里の長城の如く日本中の危険箇所に張り巡らすというのは、費用対効果の点で不可能だ。
少子高齢化、人口減少により2040年までに、自治体の半数が消滅するとの推計がある。
人っ子一人いなくなった山村に、砂防ダムだけ残ってどうするのだ。
結局、自分の身は自分で守れ、という結論にならざるを得ない。
政府、自治体も言いにくいので黙っているが、そのように、つまり自分で何とかして、と思っている筈だ。
それは言い替えれば、広島みたいな事には滅多な事ではならないと思うけど、万一の時は救助その他に全力を尽くすから、それで勘弁して頂だい、ということである。
今も昔もこれからも、庶民の命は安い。

雨の振り方が変わった、というのは誰しも実感しておられることだろう。
これが一時的な波なら、仕方ないでも済まされる。
気になるのは、この先益々変わらないかという事。
そしてこの現象とCO2と温暖化の因果関係についてだ。
関係大有り派の学者も無関係派もいる。
私なんかに判る筈もないが、どうも全く無関係とは思い難い。
だが現在日本では、CO2削減はほぼ無視されていると言って良いのではないか。
かつて世界に向けて高らかに約束した御仁がいたが、震災・原発事故後まるでなかった事のようになり、化石燃料をガンガン焚いて発電している。
変なことにならなければ良いのだが。

モダン・ジャズ・カルテットとは関係ない話が続いた。
少し音楽でも聴いて気分を変えるのも悪くはない。
改めて本作を聴いて思ったのは「不変」と「補強」についてだ。
モダン・ジャズ・カルテットはごく初期にドラマーがケニー・クラークからコニー・ケイに変わって以来、最後まで不動のメンバー構成だったグループだ。
ベースのパーシー・ヒース、そしてピアニストのジョン・ルイス、バイブ(と言うと変な事を思う人がいるといけないので、ヴィブラフォン、鉄琴である)のミルト・ジャクソンというメンバーで、はじめはミルト・ジャクソン・カルテット(略せばこれもMJQ)
を名乗ったという。

同じMJQでもモダン・ジャズ・カルテットに変えようと誰が言ったか知らないが、そうならなければ40年も同じ面子で続くことはなかったと思う。
大体ジャズのグループなどいい加減なもので、ビル・エバンス・トリオと言ったところで、不動のメンバーはピアニストのエバンスだけだ。
もうひとつのMJQ(マンハッタン・ジャズ・クインテット)も同じく、不変なのはピアニスト(バンマス)のデビッド・マシューズのみ。
どんどん交代ないし「補強」する。

元祖MJQはしなかった。
このチームのキモはジョン・ルイスの作編曲と、ミルト・ジャクソンのヴィブラフォンだとされる。
まあ、言ってみればミルト以外の楽器は、おとなしくしていてくれれば誰でも良かったのかもしれない。
ジョン・ルイスのピアノの重要性を語る人もいるが、もう一度聴いてみてくれ。
ドラムもベースもそうだが、今となってはもう古くて古くて。

最後に、私もスピーカーに補強を加えたので見てください。
補強と言うからには、前より音が良くなっていないとダメだが、どうだろう。
良くなったような気もする。
いや、ホーンのスロートにネジ4本で20キロ近いドライバー(発音器)がぶら下がっているよりは、少なくとも精神衛生上ずっと良いのである。
尚、黒い物体を下から支えるこのパーツ、ホームセンターで200円程度の品だ。



補強














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie