(131) アンソニー

rihwa.jpg
NO.131 2014.4.4


<アンソニー>


私がやっているこれはブログというものだ。
なんのためにこんな事をしているのか、と時々思うが、人は発表の場が欲しい生き物なのだろうといったところで思考停止して、それ以上は考えないようにしている。
考えるとばかばかしくなって来るからだ。
多くの方がブログをやっておられるが、中にはビデオブログというものがあるのをご存知か?
私は知らなかったし、真似できるものでもないと思った。
とてもそんな根性はない。
私の自己顕示欲はその程度の生煮えだ。

先日YOUTUBEなるものを見る機会があり、そうすると「あなたへのおすすめ」を機械が提示してくる。
私の好みは恐ろしい事に、パソコンによって把握されているらしい。
どれどれ。
そうした経緯で遭遇したのが本日の「アンソニー」だ。
またオーディオマニアめ、「アンソニーギャロ」のスピーカーの話題か?
そのように考えたあなたも相当のオーディオマニアであるが、今回は違う。
アンソニーさん(多分日本人男性、40歳?)によるYOUTUBEビデオブログなのである。
世界中に向けて堂々と素顔を晒し語っておられる。
大したものだ。立派な覚悟ではないか。
主に音楽関係の話題なのだが、40歳でアナログ(LPレコード)を始めましたシリーズなどとても面白い。
この世代になるとDJなどの例外を除き、レコードというモノに触ったことすらないようだ。
アンソニーさんは立派なオーディオマニアで、50年代60年代のジャズにも興味をお持ちのようなので、そうすると勢いアナログレコードの情報に触れる機会もあったのだろう。
とても好奇心旺盛な方だから、きっとスルー出来なかったのに違いない。
彼は決心し、ヤフオクでマイクロのレコードプレーヤーを手に入れると、経験ゼロの状態から恐るおそるそれを立ち上げていく。
その過程を逐一ビデオ撮影してある。

アンソニーさんは大阪在住で、多分ネイティブだと思われる。
最初はそれに全く気付かなかった。
というのも彼の日本語が、完璧な標準語を基本として話されるからだ。
私も昔関西に住んでいたことがあるが、
当時標準語を上手に操る関西在住のネイティブはほぼ皆無だった。
東京にならいたのである。
スキルス胃がんの無理筋な手術で亡くなったアナウンサーの逸見政孝さんなどまさにそうだ。
東京に出て関西弁を使い続けるのはお笑い芸人だけだ。
そんな芸人も含め、地元に残り続けたネイティブは東京進出組の事をけして好ましく思っていなかった。
彼らは自分の出自に拘りとともに強いプライドを有していたからだ。
恐らくそんな彼らには、関西弁以外の言葉を話す自分を許すことが出来なかったと思う。
今はもうそんな時代でもない。
仲間うちでの会話はともかく、標準語で普通に会話出来る関西人は珍しくない。
それはともかく、繰り返しになるがアンソニーさんのビデオブログ、とても面白いので一度是非ご覧頂きたい。

他にもヤフオクで落札したレコードの紹介や購入したCDの紹介、コンサートの感想といったシリーズがあり、そういった中に出てきたのが本作の「RIHWA」だった。
リファと読むようだ。
札幌出身の在日韓国人四世であるという。
札幌で音楽活動していたが、東京進出しCDデビューした。
1989年生まれというから24歳か。
私の息子と同級だ。
だから買ってみようと思った。
ちょっと可愛いお顔だし・・・



・・・人に音楽を勧めるのは難しい。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie