(128) Voice Of The Theatre

ジャネット1
NO.128 2014.3.1



<Voice Of The Theatre>





自分でも驚くほどいい歳になった。
だがいまだに現役であって、つまり生きるために働いているのが私だ。
仕事が好きかと問われるなら嫌いだ。
嫌いだが働いている。
もっとも世間では多くの人が、否応なくそのように不本意な日常を甘受している。
だから自分だけが不幸だなどとは思ってもみないが、不本意は間違いなくストレスを生み、ストレスが精神を圧迫しささくれ立たせるのもまた事実である。
そんな時にはジャネット・サイデルの歌が良く効く。
ご同輩のちょっと疲れた夜に、本作をお勧めします。

ボーカルは独立した特別なジャンルと考えて良い。
ジャズファンの中にはボーカルをこよなく愛するという人もいて、高じるとそれしか聴かなくなっていたりする。
そんなジャズボーカル愛好家のお宅にお邪魔したことがあった。
その人とは一面識もなかった。
そして数か月前、既に亡くなっていた。
その時彼はまだ四十そこそこではなかったろうか。
私は知り合いのレコード店主の斡旋で、その方のオーディオ一式を買い取りに行ったのだ。

中心部の一等地にある古い大きな一軒家だった。
広いリスニングルームに故人の思い出の品々が溢れていた。
趣味に相当の拘りが感じられた。
当然のようにそのオーディオも趣味性の強いものだった。
それはアルテックA7を300Bの真空管アンプで鳴らすというもので、デジタル系は存在せずアナログプレーヤーはガラード401を使用した自作品だった。
そのキャビネットにはA7のシールから起こしたと思われる「Voice Of The Theatre 」の金属製プレートが取り付けられていた。

何はともあれ、その装置から音を出してみなければならなかった。
だが、操作方法がわからない。
自作と思われるプリアンプの、真鍮製プレートに並んだつまみに表示が一切ない。
私には電源の入れ方すらわからなかった。
同行したレコード店主が未亡人に、息子さんを呼んでくれるよう声をかけた。
多分三十代だった彼女は、エプロン姿で忙しそうにしていた。
既に売却を決めたその家を、間もなくマンション業者に明け渡さなければならないとのことだった。
やがて息子さんがやってきた。
中学生くらいだったろうか。
彼は敵意に満ちた目で私達を見たが、レコード店主の依頼に応じ操作を始めた。
まず最初に彼は引き出しを開け、白い手袋を取り出し両手にはめた。
きっとそれが、父親と自分に共通の、いつもの作法だったのだろう。
アンプに火を入れ、何をかけますかと彼は聞いた。
部屋にはジャズボーカルのオリジナル盤が山のようにあったが、私は持参したジェリー・マリガンの「ナイト・ライツ」をかけてもらった。
少なくとも遺品のレコードをかけてもらう空気ではなかった。

その時どんな音がしたか、今はもう覚えていない。
だが、その装置一式はそれからずっと我が家にある。
前に使っていた4344のシステムはついにその音を越えることがなかった。
良い音だ、ということである。
だが、私はこのシステムを今だに自分のものと思えずにいる。
あの時まだ若く、それ故なすすべなく大事なオーディオを持って行かれた彼。
その無念な思いと眼差しを私は忘れていない。
あの子はきっともう社会人になった筈だ。
もしも彼が連絡してきて、父の遺品を取り戻したいと言うのなら、私は喜んでお返ししたい。
仲介したレコード店は健在であり、その店主は私に連絡する方法を知っている。
だからそれはいつでも可能だ。
それまでこの装置を良いコンディションに保ち、大切に保管させていただく心算だ。




altecA7.jpg










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie