(125) 冬季鬱を日干しする

NABE2.jpg
NO.125 2014.2.4



<冬季鬱を日干しする>





私の町が雪の下敷きになって久しい。
だが更に先はあり、それも長い。
冬が嫌いである。良いことなどほとんどなく、ほとんどない中の例外と言って良いクリスマスもとうに終わった今、残りの三ヶ月余りをどうして凌ごうか。
間もなく始まるというロシアのオリンピックには一切興味がない。
メダルを何個取ろうが取るまいがそんな事、当方まったく知った事ではない。
強いて言えば年端もいかぬ小娘が、変な勘違いをするような事にならねば良いと、取り越し苦労する位のものだ。
だから私はそんな時、このような音楽などかけて、あれこれ楽しいことでも考えるしかない。
音楽は案外安上がりな気晴らしになるものだ。

10年以上も前の事になるが、
ナベサダが当地の夏季音楽祭に来て屋外ライブを演った。
ステージで跳んだり跳ねたりするのを見ていたら、逆になんだか年寄り臭くてガッカリした。
今ではもう80歳を過ぎている。
さすがにもうあんなことはしないだろう。
人は年相応の振舞いが一番だ。

本作はトータル100万枚以上の大ヒットとなった。
余計なお世話だがナベサダは、リリースしたレコードだけで億単位の金を手にしたのではないか。
今頃はどこか遠く南の楽園で、椰子の木陰のハンモックに揺られ、冷えたシャンパン飲みながら、来し方行く末など思っているのかもしれない。
それは確かに少し羨ましい。
だからこちらも冬の間に精々働いて、夏になったらまたどこかへ行こうじゃないか。
そんなに遠くなくていい。
人は稼ぎ相応の振舞いが一番だ。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie