(118) たけしとブルーノート

たけ2
NO.118 2013.10.8



<たけしとブルーノート>





北野武のジャズシリーズ第2弾が出た。
前作『たけしとジャズ』は四万枚売れたそうだ。
これはジャズのレコードとしては驚異的な数字である。
ちょっとした音楽好きなら皆どこかで聴いたことがあり、
更にジャズファンであればほとんどの収録音源を手元に置いているであろう、というようなCDをわざわざ購入にまで至らしめたのは「ビートたけし」というブランド故だ。
同じコンピレーションでも、本ノートで毎年とりあげている『寺島靖国プレゼンツ、JAZZ BARシリーズ』なんかは恐らく、十分の一程度の売上ではないかと想像している。
『JAZZ BAR』を買う数千人の人達はそして、今も熱心にジャズを聴き続けているコアなファンだろう。
『たけしとジャズ』を買った四万人のうち、どれくらいのジャズファンが含まれているものかはわからない。
多分、多くはないだろう、とこれも想像だが、仮にそうだとすれば四万人に限りなく近いジャズファンではない人達が『たけしとジャズ』をきっかけにしてジャズファンになっていくのであれば、それはそれで結構なことだと思う。

実は私も個人的なブルーノートのコンピレーションを制作している。
CD三部作で三十数曲になるが、このうち『たけしとブルーノート』とカブッたのは「スィートラブ・オブ・マイン/ジャッキー・マクリーン」たった一曲だけだった。
そして『たけしとブルーノート』には、私が聴いたことのない音源が含まれる。
就中、青山テルマという未知の女性歌手が歌う、ビートたけし作の「浅草キッド・英語バージョン」がボーナストラックで付いている。
私はこのCDを買ったのである。
驚いたことに本作は、ブルーノートレーベルで出された「ブルーノートのレコード」だった。
音源のほとんどがブルーノートである。
考えてみればおかしな話でもないのだ。
だが、私はどうしても「こんな事が許されるものだろうか」との思いを拭いきれない。
それはノラ・ジョーンズのCDが、ブルーノートから出た時の違和感とそんなに違わない。
なんか違うんじゃないか?と私はどうしても言いたい。

このCDを買うかもしれない数万人の人達は、『たけしとブルーノート』をきっかけにブルーノートのファンになっていくだろうか。
ブルーノートの熱心なファンになれば、このCDには取り上げられずに埋れた聴いて大ハッピーになる曲がたくさん待っているのだ。ブルーノートはハード・バップの楽園である。それらを聴かずに死んで欲しくない。
アンドリュー・ヒル、セシル・テイラー、サム・リバース、これらはブルーノートを代表する重要ミュージシャンではけしてないのだ。
また、ノラ・ジョーンズ、カサンドラ・ウィルソンなどのボーカル物もブルーノートの看板では断固ないのだ。

私はむしろこのCDが、将来中古屋に大量に出回るのではないかと危惧する。
数万人の未来ある音楽ファンの、ブルーノートとの不幸な出会いになりはしないかと。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie