(112) みちのくジャズ喫茶行脚 ①

003.jpg
NO.112 2013.8.16



<みちのくジャズ喫茶行脚 ①>





ジャズ喫茶。
それは初めてジャズを聴いた場所である。
多くの町に多くのジャズ喫茶があり、
私の町にもまた数軒の店があった。
多分そこは「B♭」か「MONK」だったように思う。
高校生だった私は、それが不良への第一歩になるような気がしたものだ。
恐るおそる扉を開けたあの日の事を覚えている。
薄暗い空間にコーヒーの香りと煙草の煙が充満し、
圧倒的な音量のテナーサックス(かなんか)が響きわたっていた。
客で混みあう店内の空いた椅子をなんとか見つけて座ると、
店員と思しき兄さんがやってきて水の入ったコップをテーブルに置き、にこりともせず目で合図を送ってくるのだった。
「注文は?」という事らしかった。
私はメニューも見ることなく、コーヒーを注文した。
ネスカフェ以外で初めて口にするコーヒーというやつは、苦いばかりで一つも美味しくなんかなかった。
私は吸えもしないしない煙草にむせながら、耳をつんざくトランペット(かなんか)に全身の神経を集中させたが、ジャズという音楽は当然さっぱりわからなかった。
それなのにわかったような顔をして肩をゆする私は、相当滑稽な存在だったことだろう。

あれから40年が過ぎた。
40年聴き続ければどんなバカでも少しは曲やミュージシャンを覚え、愛聴盤の一枚や二枚出来るものだ。
だから私もそうなった。
ジャズはいつでも身近な存在だった。
しかし気が付けばその間、あんなにたくさんあったジャズ喫茶がどんどん姿を消していたのだ。

いつまでも続けて欲しい。
だが今や歴史の向こうに消えてしまいそうなジャズ喫茶。
行けるうちに行っておかねばきっと後悔する。
就中日本一音が良いと言われる「ベイシー」を訪ねずして、ジャズファンとしての生涯を終える訳にはいかないのではないか。
なんのかんの言っていた事も事実だが、私は遂にベイシー詣での決意をしたのである。
「ベイシー」は岩手県の一関にある。
せっかく遠出するのだから、可能な限り多く他の店にも寄りたい。
そして「せっかく」行ってもやっているとは限らないが、その場合は潔く受け止めて一切愚痴は言うまい。
何しろ自分がお盆休みなのだ。
向こうの事情が同じでも何の不思議もないのである。
そうだ車で行こう。今回はその方が何かと便利だろうから。

さてさてそのようにして、真夏のジャズ喫茶行脚が始まった。
夫婦二人旅である。妻もジャズを聴く。
彼女はエリック・ドルフィーを贔屓にするなど、どちらかと言えば私よりもとんがっている。
運転も出来るので好都合。
交代で運転していくことにする。

早朝6時に出発した我々が最初に着いた町は函館だった。




002.jpg

「想苑」は函館山の麓にあった。
知らずに前を通っても、誰もジャズ喫茶だとは思わないだろう。
古い一軒家に置かれた古いJBLのスピーカーから、ケイコリーの相変わらずな歌声が流れていた。
老夫婦二人で店をやられているようだが、彼らは二代目だという。
いったいいつからこの店はあるのか・・・
そして訪れた客は今まで何人いるのだろう。
駐車場でちょっと話をした青年の車が富山ナンバーだった。
富山からこのスピーカーを聴きに来たのだそうだ。
この日私が見た自分達以外の客は彼一人である。

images2.jpg



函館港からフェリーに乗る。
3時間半の船旅。これが結構辛い。
時季が時季だけに船内とても混んでいて、身の置き所がない。
なんとか椅子を二つキープするも、次第に尻や腰が痛くなってくる。
時計は遅々として進まず、一生着かないような気さえしてくる。
だから青森に着いた時は本当に、相当嬉しかった。
宿泊先のチェックインを済ませ、早速街に出る。




005.jpg

出ました青森ブルーノート。
でもこの店はジャズ喫茶には認定出来ない。
なにしろスピーカーがショボ過ぎる。
ミニコンポ程度の小さいスピーカーを棚に押し込んでいるのだ。
老夫婦が切り盛りする店内、町内会の老人クラブの様相で、小音量のジャズを圧する津軽弁が飛び交う。
完全には理解しきれないが、何かリクエストしろと言うのを何とか解し、デクスター・ゴードン「ゲッティンアラウンド」をリストから選択する。
失礼を承知で言うが、今までで寂しさ一番のデクスターだった。



51Z8+v-tO-L__SL500_AA300_.jpg




上野発の夜行列車を降りた時から雪の中だったという、これがうわさのJR青森駅。

006.jpg










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie