番外編 ⑪ オリンピックがやってきた!

虹




<番外編 ⑪ オリンピックがやってきた!>





あれは高校一年の冬だった。
故郷の町はオリンピックで一気にインフラの整備が進んでいた。
私が住んでいた古い公務員アパートの目と鼻の先には地下鉄の駅が出来た。
戦前から地下鉄が走っていた東京なんかとは違って、地方の都市で地下鉄があるところなどまだほとんどなかった頃の事だ。
オリンピックが来なかったら、故郷に地下鉄が走るのはおそらく20年は先の話となっただろう。
たとえば京都に地下鉄が出来たのはそれから10年後の1981年のことであり、あの世界的な観光都市よりも私の故郷が二択的に優先された理由があるとすれば、それはオリンピック以外には考えられない。
もっとも、京都は地面をちょっと掘ると色々な時代の色々なものがざくざく出てきて、その都度工事がストップして発掘調査が始まるというから、そういった事が疎まれて後回しにされた面ももしかしたらあったのかもしれない。
なにしろ「刷毛で掘った地下鉄」と言われている。

いずれにせよ私は生まれてこの方、それまで地下鉄というものを見たこともなかったのは事実である。
それはいったい何なの?というわけで、寝静まる頃悪ガキを集めて見学に行った。
無論無許可である。
信じられないような話だが、当時地下鉄駅の建築現場は夜施錠も消灯もされていなかった。
我々は易々と地下への階段を進み、駅のホームに出た。
暗いトンネルが左右に続いていた。
資材を運ぶトロッコが軌道に置いてあった。
ここまで来たら乗ってみるしかない。
トロッコはハンドブレーキで停止しているらしかった。
そいつを解除すると、トロッコは静かに動き出した。
隣の駅との間に大きな川があり、その川底を通過するためだろう、隣の駅に向かって急激な坂になっていた。
むき出しの悪ガキを乗せた小さなトロッコが猛烈な加速を始めた。
「あわわ・・・・・」
「ガタガタガタガッ・・・・・!!!」
川底をクリアした地下鉄の軌道が再び上り坂となり、トロッコは徐々にスピードを落とすとやがて停止した。
そこは隣の駅のホームだった。
我々は地上に上がり、無言の行進をして元の場所へ戻った。
今夜のことは人に言わないほうがよさそうだと思った。
だが、誰もが無言だった。
しかし、全員が同じ気持ちだったらしく、その後この話が出たことはない。

オリンピック・・・なんて素敵な響きだろう。
私にとってオリンピックは東京でもなければロンドンでもない。
あの16歳の冬が私のオリンピックだ。
それはスキーのアルペン競技やジャネット・リンやアイス・ホッケーや、そしてジャンプだ。
だからレスリングが除外される事なんてどうでもいいことだ。

オリンピックは外人をたくさん連れてきた。
私は友人と街を流し外人を見つけては
「Can I Help You?」
と声をかけ通訳気取りだったが、たいてい
「No Thank You!」
と問題にされなかった。
それはそうだろう、あなたは外国であやしいガキに声を掛けられたらどうする?
私だったら相手にしない。
それでも私はがっかりなんかしなかった。
おそろしく気分が高揚していたのだ。

日の丸飛行隊が表彰台を独占した日は、ちょうどバンドの練習と重なっていた。
私は女の子とデートしていたが、仲間にはジャンプを見に行くとウソをついた。
それがあとでバレて散々吊し上げをくった。
まさかそんな劇的な結果になるとも思わず、デートで練習さぼるのはマズいからオリンピック観戦にしとけ、くらいの軽い気持ちだったが、それがああいう事になって、お前いいもの観たなあ、語ってみろとなった。
当然しどろもどろであるから、すぐバレるわけである。

今度2020年だかのオリンピックに東京が手を挙げている。
自分が生きているかどうかは別にしても、その事に私は何の関心も持ち合わせない。
私のオリンピックは、遠いあの冬の日に置いてきたのだろう。
それにきっと無理だよ。

ところで、あの時私をときめかせた冬のオリンピックは、1940年に実施される予定があったのだという。
それが日中戦争の影響で中止されたのだとか。
もしも戦争がなくて、オリンピックが史実の30年前に行われていたら、故郷の姿はきっと今とはだいぶ違ったものになっていたのだろう。
そしてそれから80年後、2020年に二度目のオリンピックがやって来たとしても、それらの事が私をあんなに熱くさせる事はおそらくなく、付随して起きるであろう交通渋滞なんかを冷めた口調で批判したりするのかもしれない。
名曲「虹と雪のバラード」を聴き、夜中にそんなことを考えている。
この曲を「人生の一曲」に加えながら。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie