(104) ハーサンズドリーム

lee3.jpg
NO.104 2013.2.7




<ハーサンズドリーム>





BLUE NOTE 1557。
本作が吹き込まれた時、リー・モーガンは18歳だった。
信じたくない人は信じなくていい。
たいていの人が信じられまい。
私も信じられない。

老成したトランペットも凄いが、
収録された全5曲の出来栄えもまた信じられない領域にある。
すべてが楽曲として素晴らしい。
作曲アレンジはベニー・ゴルソンひとりによってなされたのだ。
なんという才能だろう。

最も有名な「アイ・リメンバー・クリフォード」、クリフォード・ブラウンの死を悼みトリビュートされたこの曲は冒頭のひと吹き、すでにこの段階でそのアンサンブルに鳥肌が立つ。
この曲の素晴らしさを今更改めて語るのもアレだが、
他の4曲が勝るとも劣らず、なんとも贅沢でお買い得なレコードとなっている。
これはいまどきなかなかない。
CD一枚に「いい曲」が一曲でもあればましな方で、大雑把に言えば5枚に一曲10枚に一曲あるかどうかだ。

「アイ・リメンバー・クリフォード」はB面に収録された曲だ。
A面冒頭の曲は「ハサーンズドリーム」である。
ASのジジグライスがフルートを吹いた。
これが効いている。
私は本作ではこの曲が一番好きだ。

テンサイは忘れた頃にやって来るらしいが、どうもなかなかである。
ベニー・ゴルソン級の才が突如出現して、大名曲を量産してくれないかな。
そうすればジャズの閉塞感はたちまち霧散するであろう。
私のささやかな夢は、精々そんなところか。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie