スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(92) BLUE LIGHTS VOL.2

ブルー
NO.92 2012.2.12



<BLUE LIGHTS VOL.2>





二枚の「BLUE LIGHTS VOL.2」が私の手元にある。
一枚は国内盤で、自分で購入したもの。
そしてもう一枚は後から入手したオリジナル盤で、頂いた品だ。
誰が高価なオリジナル盤をくれたとお思いか。
中古レコード店の店主がくれたのだ。

大ピアニストの名前を店名としたその店で、私は相当の数のレコードを買った。
オリジナル盤が店の主力商品なのだが、私は興味がなく、同じ予算で三枚も四枚も買える中古の国内盤ばかり買っていた。
ある時店主がこれをあげるから聴いてみなさいと言う。
理由は不明だったが、くれるというのだからありがたく頂いて帰り、聴いてみたのだ。
一言で言って音が大きいように感じた。
だが、そんな筈はない。気のせいだろうとは思ったが、私はたまたま所有していた国内盤を取り出し比較してみた。
全然違った。オリジナル盤と比べたら、国内盤からはなんとも痩せた音が出た。
焦った私は翌日店へ行き、これはどうした事かと尋ねた。
店主はオリジナル盤と国内盤の違いについて、得々と語ったものである。
私がオリジナル盤を買うようになったのは、それからの事だ。

店主は年に二度、米国へオリジナル盤買付けツアーに出かける。
直接買ってくるのだから、商品の原価は比較的安いだろう。
私が頂いた盤をいくらで購入してきたものか、それは聞いていないが多分50ドルくらいではないだろうか。
その後私がこの店で購入したオリジナル盤は、10枚や20枚ではない。
ドル換算で300倍以上の支払いをしたのである。
商売とはこのようにやるものだ、というお話。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。