外伝 ㉔

2017630007.jpg





昔このジャケットをNASAの主任研究員だと言ったジャズ評論家がいた。
寺島靖国氏だが上手い事を言うものだと感心し、それからすっかりファンになった。
「JazzBar」を出すようになられた頃から、エバンスなんかもう聴かないなんてことを言っておられたがその後どうですか。
たまに聴くのも悪くないと思う頃ではないかと想像している。
悪くないのである。どこか違うのである。その「どこか違う」ところがイヤみたいなことも言っていましたね。
確かにそこはかとなく滑らかではないのは確かだ。
だが私は最近クラシックのピアニストを聴いてみて分かったのである。
達者なだけならクラシックのピアニストがずっと上、まったく比較にならないほどに。
ジャズのピアニストに求めるのはもっと違う何かだ。それが何かを今すぐに上手く言えないが、そう思ったらモンクすらが別の輝きを放つようになった。
ましてエバンスを切り捨てるわけになどなかなか参らぬところだ。









スポンサーサイト
プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie