スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 ㊳

トランス





<番外編 ㊳>





中村製作所のノイズカットトランスである。
音楽はノイズとの戦いだ。
静粛の中に立ち上がる音像が美しければ美しいほど、リスナーはノイズを嫌う。
目の前の美を瀆す汚泥のように感じられる。
その泥を濾過する装置がこれだ。
オーディオマニアは僅かな事象の差に拘り、一般に神経質である。
また、そうでなければオーディオマニアとして存続し得ない。
細かい事などどうでもいい = オーディオなんかなんでもいいという事になってしまうからである。
ただし拘る僅かな事象も神経質になる対象も、すべて自らの興味が及ぶ範囲に限定されている事を正直に申告しておく必要がある。
目の前の「美」が他の人には醜いノイズかもしれない可能性は、その際一顧だにされて来なかった。
私はその事を(いつも少々であるが)申し訳なく思って来、いつしか趣味の押し付けが難しい事もついでに悟った。

ノイズカットトランスは残留ノイズを除去しない。
除去するのはもっぱら音本体に付帯する不純物だ。
杜氏が米を磨き大吟醸に仕上げる様に、ノイズカットトランスは電流に含まれる夾雑物を丹念に削ぎ取り音を研磨する。
残留ノイズを除去するのはアンプ側の仕事だ。
我が国の高級アンプはこの点が完璧に出来ており、音楽を映し出すスクリーンを静寂に保つ。
しかし描かれた音楽は勢いを削がれ、それを挽回するためか輪郭が不自然に強調されがちだ。
その事に気付いてから、日本製のアンプを使わなくなった。

私は残留ノイズが嫌いだ。
でもそれ以上に勢いのない音が嫌いだ。
だからアンプ側と取引きし、一定程度の残留ノイズを許すかわりに勢いを確保した。
無音時にホーンに肉迫すればノイズが聴こえてくる。
私はこれに目を瞑る事にした。
中学3年の時、亡き伯父が買ってくれた日立のステレオから聴こえた残念な残留ノイズだった。
いつかこれを消してやる。
そう誓ってから半世紀近い時が過ぎた。
随分やった。
存分にやったと思う。
結局私のオーディオから残留ノイズを消し去る事は叶わなかった。
だが私の力でもうこれ以上は無理だ。
今出ているこの音が、私のオーディオマニアとしての一度の人生で、達成可能であった限界点という事になるだろう。

右のランプは40年前ある事の褒美に頂戴したもので、確かエジプト製だった筈だ。
適応器具は無論白熱球だが、その生産が終了した今ではLED電球で対応する事になる。
実際常夜灯のナツメ球が切れLEDに代えてみた。
やはり全然違うものだとすぐに識別できる。
時代は既に次のステージへと移行しており、もはや異議申し立てを受付けない。
不満があっても、愚痴を言いつつトボトボついて行くしかないのだ。











スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

(298) お風呂

his.jpg
No.298 2015.6.4




<お風呂>





マーティ・ペイチの「お風呂」だ。
最初に入手したのはCDで「踊り子」とのカップリング盤だった。
後日運よくオリジナル盤と出会ったが、残念ながらジャケットの状態があまり良くない。
緑色のマジックで「J 220」などと書き込まれている。
元の所有者が整理番号を付けたのだろう。
これは絶対日本人コレクターではない。
絶対違うと断言する。

だが幸いにも盤のコンディションは悪くなかった。
少しハイ上がりな歯切れの良いアンサンブルが気持ちいい。
これはコンテ・カンドリらによるトランペット隊を常にメロディラインの中心に持ってくる、ペイチのアレンジ手法によるところが大きい。
従ってペッパーらサックス隊がアンサンブルでさほど目立たないのが少し残念ではあるけれど、その代わりソロパートでは十分な存在感を示した。
さらにバリトンやバイブを薬味として効果的に配し、リスナーを飽きさせる事なく40分弱を一気にドライブする。
乾いた爽やかな風に吹かれて、真夏の海岸線を行くようだ。
見たこともない1959年のL.A.が目の前に再現される。

本作の国内盤LPは多分存在しないと思う。
今やアナログ盤を入手するのは相当難しいが、CDなら現在1000円で容易に手に入る。
彼女の肩にかかる黄色いタオルには「his」と書いてあるらしい。
これは3へ~くらいか。

同じシリーズに「THE ROCK JAZZ INCIDENT」がある。
「踊り子」「お風呂」に続くペイチ第三の美ジャケと解説されるがそれはない。
内容もイージーリスニングの域を出ず、これが1000円ではちょっと高い。
買うなら絶対本作と踊り子だ。








incident.jpg











テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

番外編 ㊴

いずも





<番外編 ㊴>





集団的自衛権を巡る論戦が続いている。
手元の平成17年版防衛白書に「集団的自衛権は憲法9条のもとで許されない」と明記されている。
これを言ったのは小泉政権下の防衛庁(当時)だ。
その後憲法に変更は加えられていない。
相当スジの良くない話だが、ゴリ押しするつもりのようだ。

護衛艦「いずも」をご存じだろうか。
排水量2万トン、全長248メートルのご覧のような巨艦である。
ミッドウェイ海戦において山口多聞少将が座上し4空母沈没後ひとり奮戦、米空母ヨークタウンを撃沈して一矢報いた帝国海軍連合艦隊正規空母の「飛龍」よりも大きいこの艦が空母ではない。
何故なら「いずも」が蒸気カタパルトを持たないからではなく、憲法が禁じた戦力にあたる「空母」を装備できないからとの理屈だ。
もちろんそうした意味では最新鋭の10(ヒトマル)式戦車もF15戦闘機も戦力ではないのだが、空母型護衛艦いずもほどには刺激的ではないとみえ、もはやあまり注目を集める事はない。

前述の「平成17年版防衛白書」から10年が過ぎた。
平成17年の時点で防衛白書は中国の軍事力増強に懸念を示しつつも、まだ深刻な脅威とみなしていない。
実際には脅威を認識しつつ、敢えて知らぬふりをしたかもしれない。
痛くもない腹を探られ、変な下心との邪推を恐れたかもしれない。
それから日本の周辺はどのように推移しただろう。
その間日本自身はあまり変わらなかったのではないかと思う。
ただ徒らに時間を浪費するのみだった。

もう少しまともな国になりたい。










テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

番外編 ㊵

bmw655.jpg





<番外編 ㊵>





5年乗った車を手放す日が近付いた。
この車どうもデザインが好きになれず、新型が出たら考えようと思っていたところ、新型がオーストリア生産からアメリカ生産となり、慌てて最終在庫を購入することとなった。
つまり許容できるのはオーストリアまで。
アメリカ製タイガー戦車を許せなかったということだ。
イメージの問題に過ぎないのかもしれないけれど納得できない。
なんか変ではないか。

おかげでエラく安い買い物ができたが、やはり最後まで今一つ愛着を持てずに来てしまったのも事実だった。
でも改めて眺めたら前姿は結構さまになっているかも。
むしろナンボか格好良いのかもしれない。
そうなんだ、ダメなのは後姿なんだよな。
後ろから近付いていくとき、いつも少しがっかりだったもの。

もう一つイヤだったのがオイルだ。
やたらとオイルが減る車だった。
2000キロも走ったらランプが点き、オイルを一缶(1ℓ)補充させられる。
その度にディーラーまで行くのが面倒になり、オイルをストックしておくようになった。
つまり自分でオイルを入れられる人になったって事だ。
多少マニアック感は漂うが、やはりやらずに済むならそうしたい。

美点を一つ挙げるならシートだ。
そもそも300キロの百貫デブが座り続けてもなんともないように作られている。
60キロそこそこの私など子供みたいなもんだ。
革が上質である事も手伝って、シートは一切へたらなかった。
この点は尊敬に値する。
「駆け抜ける喜び」はそうでもなかったな。











テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

番外編 ㊶

300b.jpg





<番外編 ㊶>





ウエスタン・エレクトリックの真空管300B。
元々軍用及びプロ用として開発され民生用には売られていなかったものを、マニアが目を付けオーディオ界で最も有名な真空管に育てた300B。
手元にあるこの球はオールドではないが、80年代のオリジナル球だ。
十数年前これをペア十数万で購入した。
どうしてそんなにするのかって?
生産終了した人気真空管のデッドストックだからだ。
現在復刻版やバッタもんも多く出回るけれど、模造品以外オリジナル球が増える事はないので本物は年月と共に値段が高騰する。
現在では倍くらいになっているようだ。
オーディオで儲かった事など一度もないが、本件は唯一の例外である。
けれども利食い売りしなければただの含み益に過ぎない。
私に売却の意思はないので、ずっと儲かった気になってニヤニヤしているだけだ。
ただ後の世代の者が間違って廃棄する事がないよう書き残しておく。
手元にこの球がもう一セットある。
クローゼットのケースの中だ。
他にも色々入っているが、恐らく価値のあるものはあるまい。

真空管の音について多くの方が間違ったイメージをお持ちだ。
「暖かみのある懐かしい音」がすると、なんかそんな風に一般に信じられているようだがそんな事はない。
この球の音は一言で言って峻烈である。
ウッドベースが凛としている。
トランペットがスピード感のある研ぎ澄まされた刃のようだ。
そしてボーカルの実在感ときたら、リアルを通り越し不気味なほどである。
もしも真空管アンプを聴いてポワーンとした懐古調の音がするとしたら、それは球も回路もナマクラだからに過ぎない。

このアンプを故有ってアルテックA7のドライブに固定してきた。
このシステムなかなか凝った作りで、コンデンサーなどのパーツにもウエスタンエレクトリック製が奢られている。
ターンテーブルはガラードの401だ。
トーンアームの素性が分からない。
もしかしたら自作品かもしれない。
レビンソンのヘッドアンプも付いていた。
私はカートリッジにSPU(Aシェル)のゴールドを搭載した。
いい音がする。
しかし遂に自分の物だという気持ちになれなかった。

もう少し時が過ぎ上手く引退する日が来たら、このアンプを試しにメインシステムに組み込んでみようと思っている。
これでウーファーを鳴らしたらきっと凄い事になるなと、あくまで空想だがそんな気がしている。











テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

(299) ON FIRE

on fire
No.299 2015.6.11




<ON FIRE>





これもよく見たら女性はほぼ裸らしい。
バーニー・ケッセルの鼻の下がのびてニヤついている。
しょーがねーなぁ。

本作はハリウッドにあったジャズクラブ「P.J's」におけるバーニー・ケセルのライブ盤だ。
彼のライブ録音自体が珍しいが、本作をリリースしたエメラルド・レコードが更にレアである。
なにしろこれ一枚きりだ。
プロデューサーがフィル・スペクター。
そう、アルバム「LET IT BE」をプロデュースし、「ロング・アンド・ワインディングロード」に女声コーラスをオーバーダビングしてポール・マッカートニーを激怒させたあの男だ。

フィル・スペクターは過去何度かバーニー・ケッセルをスタジオワークで雇っており、そうした繋がりから本作へと発展したようだ。
ケッセルのギターにベースとドラムのトリオと言えば1957年録音(本作は1965年録音)の有名盤「ポール・ウィナーズ」を踏襲したもので、そうした所にフィル・スペクターの抜け目のなさが窺えるがこちらはヒットせずエメラルド・レコードは潰れた。
収録ナンバーの「いそしぎ」は今日スタンダードとなっている。
本作と同じ1965年の映画のテーマ・ソングであった。

約3年半に渡り、主にこうして好きなジャズのレコードを紹介してきた。
それは畢竟過去について語る事に繋がった。
私の人生の大部分がもう既に過去に属しているからだろう。
だが昔話ばかりでは面白くないのだ。
言ってる本人が面白くないから、見ている方は当然そうだと思う。
とはいえ外交問題同様に未来志向で物事を扱うのは容易くないのも事実だ。
既に定まった過去を語ることなら出来ても、未だ見ぬ未来を(それも楽観的に)語るとなると骨が折れる。
どのように想像力を働かせても先の事は読み難いものだ。
悲観論ならいくらでも言えるけれど、そんな話を聞きたい人はいない。
さりとてバラ色の夢物語ばかりしても、とりとめのない夢想や戯言に過ぎないからこれも面白くない。
ではどうする。
今を語るのだ。
つまり日記ということだ。
「移ろいゆく浮世に竿さすジャジーな毎日を綴ります」
なかなかそうもいかなかったが、私は冒頭そのように宣言している。
話を組み立てるという作業は頭の体操に調度いい。
万一怪しくなってきたら、いよいよそういう方向も考えなければならないだろう。
そんな風に考えている。










テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

番外編 ㊷

1750de2.jpg





<番外編 ㊷>





我が家の音を支配するもの、もしかしたらこれではないか。
エール音響のツィーター1750DEである。
こいつには私の経済的な能力を完全に無視した値札が付けられていた。
超高音域を担当するスピーカーのユニットである。
これ一つではいかなる音楽も再生出来ない。
何となれば現状10kHz以下の音は殆ど出ていないのだ。
ホーンドライバーのJBL2441は上をカットしておらず18kHz付近まで出ている筈だから、私の聴覚能力からいって必ずしも必要のないものだとも言える。

耳を近付けるとシャカシャカと微かに鳴っている。
これだけのために立派なロレックスが買えるのではないかという大枚を叩いたのだ。
私は販売店の言いなりだった。
その頃我が家のオーディオは隘路のぬかるみでスタックし、自分でもどうしたら良いか分からなくなっていた。
完全に行き詰っていたのだ。
もう何でもいいから、私は誰かに助けてもらいたかった。
だから到底考えられないような金額のものにも手を出す結果となったのだろう。
あの販売店がどれくらい親身になって我が家のオーディオを考えてくれたのか、それはもう今となっては何とも言い様がない。
正直なところ、他にいくらでも方法があったのではないかと思えなくもない。
だがもういい。
この音が真の意味で私にとって最善ではなくとも、今や相当クオリティが高いのは間違いのないところだ。
それくらい私にも分かる。
何事も自分の希望が完全に叶えられる事はないと悟るべきだ。
人生ってそういうものじゃないか。

妥協する時が来た。
そして妥協できるところまで音も来た。
そんな我が家の音を大局的に決定付けているのが1750DEだと私は思っている。
ウソではない。
こいつを外してみると分かるのだ。
音は途端に元気を無くしてしまう。
私の懐具合を考慮してくれたとは思えないが、あの販売店は1750DEがもたらす効果を熟知していた。
それだけは確かだと思う。
ただ費用対効果を一切問題としなかっただけだ。
さて、いよいよ北四局を残すのみとなった。










テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

(300) そして私は還暦をむかえた

jeep1.jpg
No.300 2015.6.15




<そして私は還暦をむかえた>




300回記念である。
そして休養届でもある。
私もとうとう還暦らしい。
友人知人には内緒にしてある。
特に何か言われても困ってしまうから。

家族はいい。
知られてもいいんだ。
何の道隠せるわけがないのだし。
子供達に記念のイベントを用意されるのはそれなりに意味があるだろう。
残り僅かとなってきたがこれからも最後までよろしくと、妻にはそう言おう。
「おおブレネリあなたの仕事はなに♪」ときいたら、
「わたしの仕事はあなたの世話♪」
そう言って君は笑った。
いつもすまない、ありがとう。
あまり世話をかけないように気をつけます。

自分のために還暦祝いの車を買った。
きっとこれが人生最後の車になる。
こいつに乗って遠くへ行こうと思う。
みんな元気で!










テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。