スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(111) SEA CHANGS

トミフラ
NO.111 2013.5.23



<SEA CHANGES>





トミー・フラナガンが亡くなってもう12年だ。
本作は1996年の録音なので、フラナガンのキャリア中では晩年に入る。
この年、旧東芝サッカー部が私の町に移転して来た。
どんなものか見物に行ったが、下手くそでとても見ていられなかった。
夏にはアトランタでオリンピックがあり、日本サッカーは24年ぶりの出場を果たした。
前園や中田が一躍時の人となり、二人でカップ麺のCMに出ていたのを憶えている。
司馬遼太郎さんや渥美清さん、横山のやっさんなんかが亡くなり、菅・鳩山を党首に民主党が結成されたのもこの年だった。

フラナガン作のタイトル曲を聴くとバブル崩壊後の世相を思い出す。
世の中は不景気にも慣れはじめ、そろそろ立ち直るのかと思われた頃だ。
しかし実際にはそれから20年近くが経過した現在も、少なくとも私の町は不景気のままである。
アベノミクスとやらのおかげか、東京あたりからは何やら元気の良い話も聞こえて来るようだ。
そんな調子があと数年も続くのであれば、あるいはこの町にも好景気がやって来るかもしれない。
だが、いくらなんでもそれは難しいのではないか。
東京をほんの少しバブリーな風で煽っておしまい、精々そんなところだろう。











スポンサーサイト
プロフィール

バロン ド バップ

Author:バロン ド バップ
音楽がある限り

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
"Count" Basie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。